*

わくわくネットクラブという勉強会を開催しています

公開日: : 最終更新日:2018/02/27 ゆうき通信

ゆうきカンパニーでは毎月わくわくネットクラブという勉強会を開催しています。この5月は私が所属している西淀川経営改善研究会(NKK)という製造業の集まりと合同で交流会を開催しました。毎年開催しており、今年で4回目となりました。また、このわくわくネットクラブも今回で67回目、総出席者数で1000名を超えました。これも参加して頂けるみなさまのおかげです。 ありがとうございます。 この勉強会では、ただセミナーを受講するだけではなく、グループワークでみなさん積極的に話をして頂きます。インプットしたことをアウトプットすることで身につき、忘れなくなります。 ぜひ会社でも取り入れて頂ければと思います。

6月は、「一瞬で部下のやる気を引き出す 心に響くコミュニケーション術 ペップトーク」という勉強会です。ペップトークは、もともとアメリカでスポーツの試合前に監督やコーチが選手を励ますために行っている短い激励のスピーチのことです。試合前の少ししかない時間の中で、選手たち の最高のパフォーマンスを引き出すための話をすることで勝利に導くのです。 日本を代表するアスレチックトレーナーの岩﨑由純さんがアメリカのスポーツ現場で学んだこの 「勇気を与える感動のスピーチ」を、自分、家族、仲間、そして会社の社員に伝えるコミュニケー ションスキルとして確立しました。スポーツ現場はもちろん、家庭で、職場で、教育現場ですぐに 実践できるシンプルでポジティブな言葉を使ったコミュニケーションとして広がりつつあります。 私は岩崎さんのセミナーを受講して、言葉には、思っている以上の大きな力があることがわかりました。

自分はもちろん、会社でこのスピーチをすることで、社員のみなさんのモチベーションが上がり、会 社が明るくなり、業績がアップするのではないかと思います。今回は、日本ペップトーク普及協会 認定ファシリテーターの高橋一郎さんにお話をして頂ける機会を頂きました。

ご興味があれば、ゆうきカンパニーのホームページから申し込みができます。

関連記事

ゆうき通信

100年時代の人生戦略

先日このゆうき通信をお送りしている経営者の方から、経理をされている奥様が、家族にも読んで欲しい から

記事を読む

台風21号の爪痕1

台風は大丈夫でしたか?日頃の備えが大切ですね。

先日の台風で被害を受けられた方には、心よりお見舞い申し上げます。クライアント様の話では、屋根

記事を読む

ゆうき通信

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年最初のゆうき通信にも

記事を読む

運動会

当たり前はありがたい

先日テレビで放送していたある番組でのことです。 テレビ局のディレクターがある家族の家に訪問して

記事を読む

1902

影響の輪と関心の輪

私のバイブルといってもいい書籍『7つの習慣』は、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた、自己

記事を読む

ゆうき通信

視点を変える

株式会社能作という会社をご存知でしょうか? 最近はメディアにもよく取り上げられていますが、KAGOと

記事を読む

anger2

わくわくネットクラブ100回! アンガーマネジメントゲーム

  令和最初のわくわくネットクラブは、なんとなんと、 わくわくネットク

記事を読む

ゆうき通信

セミナーは講師と受講者でつくるもの

先日東大阪商工会議所さんで、連続講座の講師をさせて頂きました。ホームページ作成の考え 方を学ぶ講座で

記事を読む

ゆうき通信

「叱る」「ほめる」はいけない事

以前NHKでアドラー心理学の特集をやっていました。 アドラー心理学では、「叱る」「ほめ

記事を読む

ゆうき通信

こういうのがイノベーションなんだろうな

10月にベトナムのホーチミンに行ってきました。今回は、その時に使って便利だなと思ったタクシーアプリに

記事を読む

ゆうき通信
こういうのがイノベーションなんだろうな

10月にベトナムのホーチミンに行ってきました。今回は、その時に使って便

ゆうき通信
松元さんによる鋳造体験しました

10月1日、22日と連続2回で、株式会社 三共合金鋳造所の松元さんによ

no image
自分の怒りとうまく付き合う【アンガーマネジメントとは】

今回は、日本アンガーマネジメント協会公認コンサルタントの石川雅美先生に

ゆうき通信
優秀な外国人を採用してみます?

先日大阪産業創造館で、【外国人留学生採用セミナー】 今こそ外国人

動画で共感を得たい・価値を伝えたい
[136] 動画で共感を得たい・価値を伝えたい

小ロットで特注の貼箱製作をしています。 職人が手掛ける製品のため、量

→もっと見る

PAGE TOP ↑