*

「叱る」「ほめる」はいけない事

公開日: : 最終更新日:2019/04/23 ゆうき通信

1905

以前NHKでアドラー心理学の特集をやっていました。

アドラー心理学では、「叱る」「ほめる」はいけないことだそうです。「叱る」にもいろいろとあると思うのですが、単に自分の感情をぶつけて、恐怖で相手を支配しようとしてしまうのは特にやってはいけないことです。

子供に対して「うるさい」「やめろ」といった言葉だけで叱っても、何がどう悪いのかがわかりません。また、そういう教育を受けて育った子供は、怒りをぶつけて相手を支配しようとする親の叱り方の真似をしてしまうようになってしまいます。

どうしても叱らないといけない場面はあると思いますが、
親は、先に生まれて知識や体力が子供よりも勝っているというだけで、親と子供は対等の関係にあるというのがアドラー心理学の考え方です。
相手に、何がどういけないのかということを、しっかり伝えることが大切なのです。

 

次に、「ほめる」ということについて
最近は社員をほめて育てましょうという話もよく聞きますよね。私も「ほめる」ことはいいことだと思っていました。

アドラー心理学では、なぜ「ほめる」ことがいけないことなのでしょうか?

子供はほめられるとうれしいものです。「100点取ってえらいね!」とほめられると、次も100点を取ってほめられようと思いますが、100点取れなかったら、それを報告できないかもしれません。また、100点さえ取れれば何をしてもいいと思ってしまうかもしれません。

特に、結果だけをほめてしまうと、子供は結果さえよければいいと思ってしまいます。
がんばってもがんばってもできないことがあれば、自分はだめな人間だと感じるし、がんばらなくても結果が出てしまえば自分は偉いと勘違いしてしまいます。

どんなことをすればほめられるのか、ほめられないのか。
親の顔色を見ながら、親にほめられることだけをしようと思ってしまうかもしれませんし、バレなければ悪いことをしてもいいと思うかもしれません。

また、会社で部下が上司をほめることがないように、「ほめる」という行為自体が、相手を見下していくことになります。
「ほめる」という行為が「叱る」のと同じく相手を支配する行為なのです。親と子供とは対等なので、子供をほめてはいけないのだそうです。

では、どうすればいいのでしょうか?
ほめるのではなく、相手に感謝を伝えるのです。

「弟の面倒を見てくれてありがとう!」

「手伝ってくれてありがとう!」

「○○ちゃんが、がんばっている姿を見て、お母さんは勇気をもらったよ。ありがとう!」

人は、感謝された時に最も勇気がわき、幸福になるのだそうです。

もちろん子供だけでなく部下に対しても同様ですね。私も社員をほめるのではなく、感謝したいと思います。

 

関連記事

yukitusinn

現状に感謝する

以前テレビで、内戦が続くアフリカの国についてのドキュメンタリー番組があり、1人の少女を取り上げていま

記事を読む

yukitusinn

いざというときの準備が大切

このところ地震や大雨といった自然災害が続きますね。 ご自宅や事務所は被害はなかったでしょうか?

記事を読む

yukitusinn

常識は通用しないことがある

こんにちは ゆうきカンパニーの坪内です。いつもお世話になり、ありがとうございます。 2月3日-

記事を読む

yukitusinn

不撓不屈の精神

以前のゆうき通信でもご紹介したペップトークの岩崎さんが、講演の中でハイパーレス キューの話をされてい

記事を読む

fune

経営理念とは船の目的地?

書籍やセミナーなどでも時々、企業の経営理念の重要性が話題にされることがあります。私はホームページの作

記事を読む

yukitusinn

「7つの習慣」(スティーブン・R. コヴィー)

こんにちは ゆうきカンパニーの坪内利文です。 2016年もよろしくお願いいたします。 私の周りで起

記事を読む

anger2

わくわくネットクラブ100回! アンガーマネジメントゲーム

  令和最初のわくわくネットクラブは、なんとなんと、 わくわくネットク

記事を読む

yukitusinn

2018年もよろしくお願いいたします

2017年も大変お世話になりありがとうございました。 昨年は創業5周年ということでパーティーを

記事を読む

yukitusinn

わくわくネットクラブという勉強会を開催しています

ゆうきカンパニーでは毎月わくわくネットクラブという勉強会を開催しています。この5月は私が所属している

記事を読む

yukitusinn

100年時代の人生戦略

先日このゆうき通信をお送りしている経営者の方から、経理をされている奥様が、家族にも読んで欲しい から

記事を読む

動画で共感を得たい・価値を伝えたい
[136] 動画で共感を得たい・価値を伝えたい

小ロットで特注の貼箱製作をしています。 職人が手掛ける製品のため、量

no image
鋳造の欠点をなくした画期的な「凍結鋳造システム」

「鋳造」はご存知ですか?熱で溶かした金属を型に流し込んでモノをつくるこ

個人と繋がり集客につなげるのはメルマガ?ラインアット
[135] 個人と繋がり集客につなげるのはメルマガ?ラインアット

個人向けにコンサルを行っているのですが、 最近の集客ではラインアット

マトリョーシカ
ウラジオストク視察旅行2019

2019年7月18日-21日に、日本から一番近いヨーロッパであるロシア

1907
[134] ブログ投稿はもう古い?今からは動画ですか?

将来、ウェブコンテンツは90%以上が動画になると聞きました。 以前は

→もっと見る

PAGE TOP ↑