*

ウラジオストク視察旅行2019

公開日: : 最終更新日:2019/08/31 ゆうき通信, 海外

2019年7月18日-21日に、日本から一番近いヨーロッパであるロシアのウラジオストクに行ってきました。

大阪西淀川区の製造業の集まりであるNKKの研修旅行です。

ウラジオストク空港

関西国際空港からは、ウラジオストクへ週2回の直行便があります。直行便ならなんと2時間10分でロシアに着いてしまいます。千歳空港に行くのとそんなに変わりませんね。ロシアってそんなに身近なんですよ。ロシアを訪問するにはビザが必要ですが、ウラジオストクだけであれば、ビザもネットで申し込むだけ。とても簡単でしたよ。

ただし、今回の私たちは直行便の日程が合わず、往復とも成田経由だったので、ほぼ1日がかりでしたが。

ウラジオストクの町並み2

ここでロシアの基本情報です
人口:1億4500万人
面積:1700万平方キロメートル(日本の45倍)
通貨:ルーブル(1ルーブルが約2円)
宗教:メインはロシア正教(キリスト教)

ウラジオストクは7月の気温はだいたい大阪の5月ぐらい。晩は少し肌寒いぐらいで、過ごしやすかったです。ですが、冬場はマイナス20度になることもあり、海が凍ってずっと沖まで凍った海の上を歩いていけるそうです。

人口60万人ですが、住民票を移さずに住んでいるロシア人も多く、実際は100万人ぐらいいるとのことでした。(ガイドさん情報)1家に自動車がだいたい2-3台あるそうで、渋滞緩和のため信号がほとんどなくて、一方通行が多かったです。信号がないので、道路を渡ろうとすると自動車はすぐに止まってくれます。大阪の人たちも見習ってほしいと思いました。

ウラジオストク日本の中古車

ウラジオストクで走っている自動車のほとんどが日本の中古車でした。日本車率はほぼ日本と同じ。もしかすると日本より多いんじゃないかという感じです。道路は右側通行なので、ちょっと運転しにくいんでしょうがね。

中古車は、ロシアの日本への玄関口であるウラジオストクの大きな産業の一つになっているんでしょう。ウラジオストクは19世紀まで清国の支配地域でしたが、1860年に北京条約でロシア帝国になりました。太平洋側で凍らない港としてロシアにとって重要な港町で、軍事拠点となりました。

マトリョーシカ

また、有名なシベリア鉄道の最終駅で、始点となるモスクワから9288km。列車で一週間かかるそうです。昔の日本人はヨーロッパに行く時に日本海側から船でウラジオストクに渡り、シベリア鉄道でモスクワ、そしてヨーロッパへと渡っていたんですね。NHK大河ドラマで放映されている「いだてん」でも、金栗四三がストップホルムオリンピックに出場するためにシベリア鉄道を使っていました。

「ウラジオストク」ですが、本やネットで「ウラジオストック」とか「ウラジオストーク」とかバラバラに書かれています。
一番多いのは「ウラジオストク」のようでしたので、今回は『ウラジオストク』にしておきます。

「ウラジ」は「支配する
「ヴォストーク」は「
を意味していて、ウラジオストクは、「東を支配せよ」という意味だそうです。ウラジオストクを拠点に東に勢力を伸ばしたかったのですね。

メディカルスクール

物価は日本より少し安いなという感じでした。料理ですが、今回行ったレストランはどこもとても美味しかったです。特にシーフードのチーズリゾットが抜群でした。食べすぎて多分体重がかなり増えたと思います。1点だけ残念だったのは、瓶ビールを頼むと高い確率で常温の状態で出てきました。寒い国なので日本のようにキンキンに冷やすという習慣がないのかもしれませんね。

主な産業は造船業と漁業、そして軍港関連産業だそうです。医療施設を訪ねましたが、とても広く、最新の設備がありました。

メディカルスクール

旅行客ですが、韓国人がとても多かったですね。それから中国人。日本人は滞在中3組ぐらいしか見かけませんでした。家電製品の多くは韓国製。ホテルのテレビもLGかサムスンで、シャープやパナソニックなど日本の家電は全く見かけませんでした。韓国パワーですね。

ロシア人の多くはクールに見えましたが、市バスで隣りに座った一見冷たい感じのする少年は、降りるバス停を優しく教えてくれました。実際は優しい人が多いそうです。
街は昔からの石造りのヨーロッパ風の建物が多く、歴史を感じました。金曜日と土曜日の夜は広場で若者たちが朝方まで大きな声で騒いでいました。うるさくてよく眠れませんでしたが、多分短い夏を満喫しているんでしょうね。

周りにはロシアに行ったことがある人が1人(アメリカ人)しかいなかったので、ロシアの情報もよく知りませんでしたが、行ってみると色んなことがわかりますね。

 

今回はウラジオストク情報でした。

大阪から2時間ちょっとで行けるヨーロッパ。一度行ってみてはどうでしょうか?

マトリョーシカ

関連記事

ジュエダゴンパゴダ2019年ミャンマー・ヤンゴン旅行

ミャンマー視察2019

ミャンマーは現在東南アジアで最も注目されている国の一つです。 製造業では部品などの供給元と

記事を読む

ゆうき通信

優秀な外国人を採用してみます?

先日大阪産業創造館で、【外国人留学生採用セミナー】 今こそ外国人留学生採用への第一歩!経営者と

記事を読む

no image

SSL対応が必要?

GoogleがホームページのSSL化を推奨しており、このところSSL化についての問合せを多くいただく

記事を読む

ゆうき通信

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年最初のゆうき通信にも

記事を読む

運動会

当たり前はありがたい

先日テレビで放送していたある番組でのことです。 テレビ局のディレクターがある家族の家に訪問して

記事を読む

ゆうき通信

不撓不屈の精神

以前のゆうき通信でもご紹介したペップトークの岩崎さんが、講演の中でハイパーレス キューの話をされてい

記事を読む

fune

経営理念とは船の目的地?

書籍やセミナーなどでも時々、企業の経営理念の重要性が話題にされることがあります。私はホームページの作

記事を読む

ゆうき通信

思い切って任せてみる

司馬遼太郎の「項羽と劉邦」を読みました。紀元前200年頃の中国で秦帝国を倒した楚の国王 項羽と 漢の

記事を読む

ゆうき通信

いざというときの準備が大切

このところ地震や大雨といった自然災害が続きますね。 ご自宅や事務所は被害はなかったでしょうか?

記事を読む

ゆうき通信

「叱る」「ほめる」はいけない事

以前NHKでアドラー心理学の特集をやっていました。 アドラー心理学では、「叱る」「ほめ

記事を読む

コロナウイルス
コロナウイルスに負けないぞ

コロナウイルスで大きな影響を受けている会社も多いようですね。 中小企

コネクテッドシティプロジェクト
これからの時代をどう生きるか

トヨタの「豊田社長年頭挨拶 ~一歩踏み出した人たちへ~」という動画を見

ゆうき通信
ワクワクすることは、自分が本当にしたかったこと

2016年1月から始めたゆうき通信ですが、今回は記念すべき50回目とな

ゆうき通信
顧客の立場でホームページを見直す

2019年も大変お世話になり、ありがとうございました。 2020年も

ゆうき通信
こういうのがイノベーションなんだろうな

10月にベトナムのホーチミンに行ってきました。今回は、その時に使って便

→もっと見る

PAGE TOP ↑