*

オンラインバスツアーで祖谷に行って来ました!

公開日: : ゆうき通信

コロナ禍で外出ができない中、色々と新しいサービスが生まれました。
オンライン授業、オンラインセミナー、バーチャル展示会、オンライン料理教室などなど、中には面白そうなサービスもたくさんあります。

中にはオンラインツアーといって、バーチャルで旅行が楽しめるサービスも生まれました。
で私は、知人の娘さんが企画された日本初のコトバスツアーオンラインバスツアーに参加してみました。

オンラインバスツアー
オンラインバスツアーで祖谷201

 

こういうのは聞いて頭で理解しただけじゃだめで、やっぱり体験しないと面白さがわかりませんからね。

私が申し込んだバスツアーは四国の真ん中へん、かずら橋で有名な徳島の祖谷渓へのバスツアーでした。

オンラインバスツアーと言うだけあって、バーチャルでバスで旅行します。

 

オンラインバスツアーで祖谷11
申し込むと事前に旅行のしおりなんかが送られてくるんですが、その中には「シートベルト」が入っていました。2枚の紙でできていて、自分でノリで張り合わせるんですが、こういうのがあるとさらにわくわく感が高まりますね。

そして、旅行の前日の晩には、クール便でこんな地元の名産品が送られてきました。

 

オンラインバスツアーで祖谷12
生そば、ゆず味噌、ゆずジュレ、そば米ぞうすい、こんにゃく、そしてなぜか妖怪村のマスキングテープ。

少し前に申し込んだんですが、ギリギリまで届かないというのもいいです。早すぎると先に食べちゃいますもんね。

そして時間になると、ZOOMというテレビ会議システムを使って参加します。

 

オンラインバスツアーで祖谷202
僕はより臨場感を出すために、メインの画面はサイズの大きいテレビにつないで、他の参加者が写っている画面は手元のパソコンに映るようにしました。
参加者は15名で、それぞれが顔を見ながら参加します。参加者も全国色んなところから参加されています。関東の人が多かったようですが、なんと中にはモルジブからの参加者もいました!

雰囲気を出すために、カメラの背景はバスの風景にします。もちろんシートベルトもしてね。

このツアーを企画したさきちゃんが添乗してくれました。
彼女はとても聡明で、参加者のいろんな質問にテキパキと答えていきます。

 

運転手は若くて可愛い、ゆめちゃん。ちゃんと制服を着ています。
※実際は運転手ではありません。

そしていよいよ出発。

コトバスツアーは琴平バスという香川県を拠点にするバス会社の関連会社で、ツアーは、香川から祖谷渓までのバスの旅になります。

途中からはなんとバスガイドさんも乗ってきて、実際のバスのコースを動画で見ながら、リアルタイムで窓から見える景色を解説してくれます。

オンラインバスツアーで祖谷09

本物のバスガイドさんだけに、話もうまいし、歌もうまい。
※実際にはすでにバスガイドは退職されて、今は地元の観光協会の仕事をされているそうです。

かずら橋につくと、実際のリアルタイムのかずら橋を中継してくれました。

オンラインバスツアーで祖谷201
これがオンラインツアーの醍醐味ですよね。
実際には行っていないのに、行った気になれる!
そして、いっしょに参加している人たちの表情も見れます。

そしてクライマックスは、前日届いたそば米ぞうすいをみんなで一緒に食べる!

オンラインバスツアーで祖谷22
みんなでいっしょに「いただきます!」とか言うのかと思って待ってたら、みんなどんどん先に食べてるじゃないですか。僕も慌てて食べました。お米じゃなくてそばでできているみたいなんですが、これも素朴な味で美味しかったですよ。
ツアーが終了すると、希望者だけ残って雑談会がありました。
Youtubeなどの動画は一方的に見るだけですが、オンラインツアーは、リアルタイムに参加者同士が交流できるのがとてもよかったです。

次は実際にリアルで参加したいなと思える本当に楽しいツアーでした。

 

ここからはビジネスの話です。

僕が参加したツアーは、定員15名で4,980円。
合計売上 約75,000円で時間は1時間半。(実際は2時間)

事前にシートベルトやガイドブックを送ったり、前日に食品をクール便で届けたりと結構原価はかかっていると思います。
そして、ツアーにはプランナー、運転手役、バスガイド、そして現地から中継をするスタッフなど結構な人数が必要です。

これだけで採算が取れるかと言われると少し疑問ではありますが、実際の運行ができないこの時期にオンラインツアーを体験してもらうことで、バスツアーが再開したときにはリアルのバスツアーに参加したいと思ってくれる人が少なくないと思います。

そして何より、日本初のオンラインバスツアーということで、テレビなどのメディアには引っ張りだこでした。

私が聞いた時だけでも1週間に4回ぐらいテレビに出ていました。
これを広告費に換算すると数百万円~千万円の効果になると思います。
全国にコトバスツアーという会社を知ってもらうよい機会になりました。

このツアーを考えてから開始するまで1ヶ月程度というスピードだったそうです。
誰よりも先にやる、日本初、世界初というのはインパクトが違いますね、。

この時代、スピード感が大切です。
自分たちも見習わないといけないと思いました。

関連記事

コロナウイルス

コロナウイルスに負けないぞ

コロナウイルスで大きな影響を受けている会社も多いようですね。 中小企業向けの支援策も色々あるみたい

記事を読む

ゆうき通信

現状に感謝する

以前テレビで、内戦が続くアフリカの国についてのドキュメンタリー番組があり、1人の少女を取り上げていま

記事を読む

ゆうき通信

好きなことを職業にする

最近AIやロボットがすごい勢いで発達してきていますね。これらの発達により、多くの職業がなくなると言わ

記事を読む

ゆうき通信

顧客の立場でホームページを見直す

2019年も大変お世話になり、ありがとうございました。 2020年もよろしくお願いします。

記事を読む

ゆうき通信

本年もよろしくお願いいたします

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年最初のゆうき通信にも

記事を読む

ゆうき通信

私は決して「いい1年になるといいですね。」とは言いません

こんにちは ゆうきカンパニーの坪内利文です。 フェイスブックなどで、その日が誕生日の人のタイムライン

記事を読む

ゆうき通信

50円からできる中小製造業のIoT化

IoT(Internet of Things)とは、「モノのインターネット」。インターネットに様々な

記事を読む

ゆうき通信

ワクワクすることは、自分が本当にしたかったこと

2016年1月から始めたゆうき通信ですが、今回は記念すべき50回目となりました。いつもお読みいただき

記事を読む

ゆうき通信

社員みんなが自分で考え正しい行動が起こせる会社

先日、元リッツ・カールトン大阪の営業統括支配人だった林田正光さんが書かれた 「リッツ・カールトンで学

記事を読む

ゆうき通信

「7つの習慣」(スティーブン・R. コヴィー)

こんにちは ゆうきカンパニーの坪内利文です。 2016年もよろしくお願いいたします。 私の周りで起

記事を読む

中小企業製造業の「〇〇がしたい!」をかなえる座談会
中小企業製造業の「〇〇がしたい!」をかなえる座談会

2020年9月15日に、東大阪にあるものづくり支援拠点MOBIO(モビ

バーチャル展示会・オンライン展示会
オンライン展示会・バーチャル展示会は今後もなくならない?

新型コロナの影響で、中止になった展示会も多いですが、最近はオンライン展

カンブリア宮殿 4mロボット
中小企業はスピード感が大切

新型コロナの影響で、まだテレワークで仕事をすることも多いです。

オンラインバスツアーで祖谷
オンラインバスツアーで祖谷に行って来ました!

コロナ禍で外出ができない中、色々と新しいサービスが生まれました。 オ

ガレージ東大阪 MACHICOCO さんに行ってきました1
ガレージ東大阪 MACHICOCO さんに行ってきました!

先日、ガレージ東大阪という施設に行ってきました。 ガレージ○

→もっと見る

PAGE TOP ↑